FC2ブログ

江の島の廃墟 その2

P1010798.jpg

P1010797.jpg

P1010796.jpg

廃墟検索地図より
神奈川県藤沢市江の島山二つ横の店舗。
店舗兼住宅であったと思われるが詳細不詳。崖に面した建物側面に崩落が見られる。住居としては使用されている可能性がある。
外側のコンクリート建築はホテル跡らしい。
山二つはサムエル・コッキング苑入口を過ぎて御岩屋道を奥津宮に向かう途中に位置し、江の島をちょうど二分する境となっていることからこの呼称がある。断層に沿って浸食された海食胴が崩落したことにより、断崖絶壁の絶景が形作られたという。


P1010800.jpg

景色はいいですなぁ

P1010801.jpg

道から見るとフツー
確かに住居として使用されている可能性がありそうです

P1010804.jpg

P1010803.jpg

P1010802.jpg

でも、アップで見るといかにも廃墟ですね

P1010806.jpg

そこまでしてこの急斜面、というより崖っぷちに家を建てなければならないのか?
ここといい先ほどの廃墟といい、どうやって作ったのかの方が気になります

P1010807.jpg

人気のない道を通り、

P1010808.jpg

江ノ島砲台のあるところが見えそうな場所を探します

廃墟検索地図より
江ノ島砲台は、神奈川県藤沢市の江の島に残る旧日本軍の砲台跡。
江ノ島は大戦末期に要塞化され、島の東岸と西岸に砲台が設置された。西岸には海軍砲2門と複数の洞窟陣地が残されている。
一部が資材置場や住居に転用されている。


P1010809.jpg

残念ながら確認することは出来ませんでした

P1010810.jpg

さらに歩いていくと立ち入り禁止区域がありました
一見問題なさそうな場所ですが、

P1010811.jpg

崖の方へ傾いちゃってるんですね
人通りも少ないし、これは直さなくていいのでしょう

P1010813.jpg

帰りは小田急江ノ島線を使って家に帰りました

P1010814.jpg

自分の家の近くで庚申塔?らしきものを発見!
天保の文字が確認できたので今から174年以上前のものになります

今日も出掛けて写真点数が多いので、また後日うpするぞ
スポンサーサイト

江の島の廃墟 その1

この前の日曜日は要介護高齢者のお仕事の後に、歩いて江の島に行って来ました

P1010781.jpg

踏切で待ってる途中パチリ

P1010784.jpg

江の島に着きました

P1010788.jpg

人込みでごった返しています

P1010789.jpg

サムエルコッキング苑
入場料を払えば入れます
今回はスルーしましたが、そのうち興味が湧いたら行きます

P1010790.jpg

江の島大師
こちらも入りませんでした
そのうち興味が湧いたら・・・

P1010791.jpg

貝広物産展
貝に親しむ2000種!!!

P1010792.jpg

P1010793.jpg

江の島の公式キャラクターでは無さそうですね
面白いことに2015年9月のGoogleストリートビューにはこのキャラクターのpopは写って居ないんですなぁ
ということは、3年以内のものだという事が分かります

江の島に着いたとたんに何かのアニメの「のぼり」がたくさん立っていて、こういったアニメやキャラクターに便乗した商法というのは、いささか食傷気味なのですが、コマーシャリズムというのは目立ってナンボ、記憶に残ってナンボ!
何の創意工夫も無い観光地がっ、生き残れると思ったら大間違だっ!

すまない
地元が地の利に胡坐をかき続けた廃れた観光地なので、どうしても観光地には厳しくなってしまうんだYO

P1010794.jpg

門はあるものの、中には何も無さそう

P1010795.jpg

民宿ですが、現在は営業してなさそうです

写真点数が多いのでつづく

横須賀水道道 final account その6

廃墟検索地図様より
神奈川県愛甲郡愛川町にある廃橋。「海底橋」という名称で知られる。
桟橋のような橋が途中で落ちて歯抜け状態になっており、川を渡るところまで到達できない。川の中にも橋脚跡が残っている。
当地の地名は愛川町角田幣山(すみたへいやま)で、海底(おぞこ)と呼ばれる地区はより西の角田大橋上流右岸に位置する。この海底と戸倉の間を結ぶ橋が本来の海底橋で、「車両通行禁止」の看板は本来の海底橋から流用されたものらしい。
1965~1968年までは両方の橋とも健在で、1983~1987年までに本来の海底橋は廃止、1992~1995年までに誤って海底橋と呼ばれている幣山の橋も廃止された。
1983~1987年までに完成した角田大橋(すみたおおはし)に取って代わられたらしい。

P1010774.jpg

着きました

P10107742.jpg

塗りつぶされているのは、本来の海底橋から流用したから?
つまり、正確には海底橋という名前ではないのでしょう

P1010775.jpg

上の説明の通り、橋が途中で無くなっております

17_20181015081916155.jpg

海底の地名の由来は自分で調べてみると面白いよ

P1010776.jpg

この簡易トイレは何のため???

これで今回の目的はすべて果たしたので帰路に着きます

P1010777.jpg

馬頭観世音

08_20181015081914e86.jpg

もともと道祖神は村の入り口に設置され、魔除けの意味も持っていたので間違いではありません
結界というより、お守りといった意味合いの方が自分にはしっくりきますけどね

P1010778.jpg

一般家庭の門柱に見えますが、中に家屋が無い(物置みたいなのは残っていた)
こういう、門戸だけの廃墟というのもあるのです

P1010780.jpg

色々道に迷ったので今回の走行距離は58.58㎞
初めての道を通るのは、楽しいけど疲れます

おしまい

横須賀水道道 final account その5

廃墟検索地図より
田代発電所(田代水力発電所)は神奈川県愛甲郡愛川町の発電所。「T発電所」「T水力発電所」等として紹介されていることもある。
大正11年(1922年)に相武電力により開設された。愛川村第二発電所、田代第二発電所、馬渡発電所とも呼ばれた。
昭和39年(1964年)閉所。
山側からも川側からも接近が難しく、川の対岸からではまったく視認できない。


2f0e0a02-400x378.jpg

というワケで、田代発電所の川の対岸に来ました

P1010770.jpg

川の対岸から見た景色

P1010769.jpg

P1010771.jpg

P1010773.jpg

P1010779.jpg


よく見たら人工物が確認できたので、何枚か写真を撮っておき、家に帰って確認することにしました

以下、ネット上からお借りした画像です
ネットの画像と比べてどの部分か写っているかの検証作業を行いましょう

14b4cf00-s.jpg

79254c8b-s.jpg

db04ef63-s.jpg

f8ac1569.jpg

うん
何の共通点もないぞ!


というわけで田代水力発電所に関しては、川からのアクセスなんて危険なことは出来ませんし、山からアクセスして山蛭に襲われるのも御免こうむるので、全く諦めることに致しました
さて、もう一か所行ってから帰ることにしましょう

つづく

横須賀水道道 final account その4

廃墟検索地図より
横須賀水道半原系統の廃隧道(愛川町)
横須賀水道半原系統は、大日本帝国海軍が中津川を水源として引いた53キロにも及ぶ水道路(軍港水道半原系統)。
1918(大正7)年に通水し、翌1919(大正8)年3月には走水水道施設が横須賀市に無償貸与され、横須賀市上水道の水源となった
この水道施設は、昭和29(1954)年横須賀市に譲渡され長らく利用されていたが、施設の老朽化などにより、平成19(2007)年4月取水停止となった
愛川町には横須賀水道に使われていた複数の隧道跡などが見られる。


前回、横須賀水道道 2(5/1の記事)では分かりませんでしたが、今回はついに愛川町の廃隧道を見つけました

P1010759.jpg

あれ?

P1010760.jpg

あれれ?

P1010761.jpg

あれあれあれ???

2号隧道はかなり前から通行禁止になっていたはずなので、通行出来るハズの1号隧道に行ってみましょう

P1010764.jpg

児童遊園地とありましたが、広場につながる道が草ぼうぼうです
誰も使っていないのでしょう

P1010765.jpg

着きましたが、

P1010766.jpg

こちらも通行禁止になっていました

23_20181014223722f19.jpg

このマンガが2013年発行なので、その頃はまだ使われていたのではないでしょうか?
目的は果たしましたが、この近くにはあと二つ廃墟があるので・・・・・

まだまだ続くんDA

※今にして思えば、1号隧道も2号隧道も写真とは反対側の出入り口の写真も撮っておけばよかったのですね
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

院長 若杉 治

Author:院長 若杉 治
●わかすぎ歯科●
藤沢市湘南台1-10-6
カルチャー湘南台ビル4F
湘南台駅東口より徒歩1分
相鉄ローゼン隣
駐車場あります

Tel 0466-45-8249

■ 患者様へのメッセージ
笑顔は自分自身を幸せにします。また、まわりのみんなも幸せにします。
そして、笑顔の一番のポイントは美しい歯なのです。

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ